テレホンセックスとは歴史のあるコミュニケーションで最新スマートフォンの登場で人気再加熱!!

電話や携帯電話などのツールは世界中の人にとって、もはや欠かす事の出来ないツールとなっています。テレホンセックスは音声通話のみで行う異性とのバーチャルなセックスの事で映画やテレビなどでもネタとして使われる事もあるもはや一般的な性生活の一部ですよね。日本では黒電話時代からテレホンセックスを楽しむカップルや不倫関係の男女などが様々な仮想セックスを繰り広げて来ました。勿論お金儲けを企む業者がテレホンセックスやエロボイスを商売の道具に使い出すのはずいぶん早い時期でした。当時のエロ本やエッチ雑誌などにはツーショットダイヤルや伝言ダイヤル広告が幅をきかせていました。更に時代が進むと本格的にテレホンセックスが盛り上がるきっかけとなる一大社会現象が起こる事になります。そう「テレクラ」の登場です。テレクラはテレホンクラブの略でwikiによると全国で最初に登場した店は1985年に小林伴実により開業された新宿「アトリエキーホール」、もしくは同年秋に同じ新宿に開業した「東京12チャンネル」と諸説あるようです。2011年現在も店舗型テレクラは根強く残っており一番有名な所で、森下実業の運営する「リンリンハウス」の一社独占状態と言った所です。またテレクラと同時期にツーショットダイヤルや伝言ダイヤルもそこそこのファンがいて盛り上がっていました。

さて、近年のテレホンセックスに特化したツーショットダイヤルや伝言ダイヤルやテレクラの現状ですがココ数年は出会い系サイトに押され影を潜めていた感じになっていました。しかし2009年ころからでしょうか。出会い系サイトの多くが法規制や詐欺サイト、サクラばかりのインチキサイトの乱立でその評価を自ら失うことになります。そのタイミングで密かなブームとなったテレビ電話を使った携帯ライブチャットが登場します。テレビ電話ライブチャットとは携帯電話のテレビ電話(TVコール)機能を使って全国の女の子と顔見せテレホンセックスやナンパ電話を出来るという活気的な物です。まだ現状爆発的ブームとは程遠いのが現状ですがこれから期待の持てるテレホンセックスの穴場となることは間違い無いでしょう。

最後に私の本命テレホンセックスや電話ナンパの定番となって行くと確信しているのが、ツーショットダイヤル、伝言ダイヤルサイトです。これらの番組はiPhoneやAndroidなどの最新スマートホンからも使えるので非常に多くの携帯人口をカバーしていくのは間違いないです。またこれれのサイトはテレホンセックスに特化した回線やテレクラ感覚のツーショットダイヤル専用回線、初心者にも安心な逆ナンパコールが多い伝言ダイヤル回線など様々なチャンネルを用意しているので様々な目的(恋人探し、真剣な出会い、セックスフレンド募集、浮気・不倫・割り切り募集、テレホンセックス・エロボイス)をカバーした音声番組となっています。

このページの先頭へ

テレホンセックスイメージ画像